読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職人肌の部下の扱い方

どこの職場にも、その仕事をやらせたら社内で右に出る者はいないなどという、得意技術を持つ職人肌の部下がいるものだ。

こうした人は滅多にミスしたりしないものだが、たまたまミスを犯し、どうしてもこの職人肌の部下を叱られければならないときは、叱り方はなかなか難しいものである。

特に、上司の皮が部下よりも年齢的に若い場合などは、言い出しづらく、そのまま見逃してしまうことにもなりかねない。

しかし、職人タイプだからといって、ここで叱らないのでは、他の部下に対して示しがつかなくなる恐れがある。

こうした職人タイプの部下は、仕事に対して自信とプライドを持ち、上司よりも、一面では優れているという自覚があるだけに、怒鳴るのは逆効果であり、反発も大きくなる。

ここでは、理性的に叱り、情にも通じるという落差を演出して、相手の心を開かせるというやり方が一番と言えないだろうか。

信号の量が増えている

送信とは、信号を通すことなのだが、その信号はどんどん変容している。量が大きくなった。

だけならば、伝送に時間がかかるだけで問題は無い。が、その時間がかかるというのも、電話や無線で「時間はかからない」のに慣れた人間にとっては、困ったことになる。

そのため、時間を短縮するための技術が開発される。それがデジタル信号であり、光信号であり、信号圧縮という技術なのである。

ここまでは、通信機器の技術革新と言えるだろう。しかし、回線もまた、技術革新の波にさらされる。

それが光ファイバーケーブルであり、デジタル交換機といった装置である。

ところが、これらの技術で、別のものを電話と同じ存在することができるようになった。それがCATVの進化だ。この結果、通信と放送との区別がだんだん無くなりつつある。

だったら、このどちらかだけが、個々の家庭にあれば良い。それは、個々の家庭で選べばいい。その結果、電話から発展した「電話+TV」と、テレビから発展した「TV+電話」のどちらかが選べるかは現状では予測できない。

摩周湖の巨大ザリガニ

桐野摩周湖の歌でも有名なこの湖、1メートルもの巨大ザリガニが住んでいるという。

捕獲されたそのザリガニはウチダザリガニを巨大化させたようなものだったという。

北海道水産部の職員は、 1975年に友人の父が捕獲した巨大ザリガニを見たという。

車のタイヤに乗せると尻尾の先がはみ出て地面につくほど大きく、全長は1メートルで胴体部だけでも50センチ前後はあったらしい。

標本にしたいと言ったら拒否され、カメラ撮影もできなかった。

また、 1985年にも、ボートでマスを調査していた3人は巨大ザリガニを捕獲したのを目撃したという。

他にも、北海道で噂されている巨大生物が多い。雄大な自然が多くの生物をダイナミックに育むのであろうか。

一瞬で距離を縮める言葉とは?

きっちりした言葉遣いが求められるビジネスシーンと違って、プライベートや仲間内の場面ではちょっとフランクなご機嫌伺いは何かと便利で、使い勝手が良かったりするもの。

その代表格が「最近どう?」あるいは「どう?」ではないでしょうか。

本来なら「最近、調子はどうですか?」というような短いクエスチョンを、さらに省略した形でライト感覚にした今風のワード。

最近、これを口癖にする人が増えています。

調子の良いメンバーや凹んでいる仲間はもちろん、異性の同僚や後輩・知人、久しぶりに会った友人まで幅広く使え、誰とでも一瞬でそれまでの距離を縮められるのが魅力。

つまり、近況を知りたい相手とのコミュニケーションをはかれる、きっかけフレーズともいえます。

例えば、学生時代の友人と久しぶりに会って「最近どう?」と問いかけます。

すると、相手は「どうって何が?」となり、「久しぶり、元気だった?」という挨拶もそこそこに、「ちょっと聞いてよー」と、すぐに会話が始まるでしょう。

小石のような小さな質問ながら、明るく楽しい雰囲気で投げかけると、これをきっかけに、相手は今一番話したいテーマを引き出すことができます。

言うなれば、プラス思考で相手の出方をうかがう枕詞、「さぁ、話を聞かせて」と相手に水を向ける言葉でもあるのです。

会話は練習すれば必ず上手くなる。

はじめは会話が上手な楽しい方を相手に練習するといいでしょう。

特に女性は感情表現が豊かで反応が大きいので、あなたの会話術がどれほど上達したくがよくわかり、練習相手にはぴったりだと思います。

反対に、無表情で無反応な人を相手にチャレンジすると、まったく上手くなっていない気がして、落ち込んでしまいますから、最初からあまり、大物を相手にしないように注意してください。

会話にコンプレックスがあるという理由だけで、人との間に壁を作っていたのでは、幸せを自ら手放すのようなもので、もったいないことだと思います。

人間の幸福は、モノだけでは決して手にはできません。

多くの人と語らうことで、気持ちがつながり、絆が深まっていく中で感じた幸せは、モノやお金を手に入れた時の幸福感とは質も重みも違います。

プライベートな話を短く絡める。

「今日は午後から雨のようですね」

 

「ああ、そうみたいですね」

 

このあと、会話を続けるための、とっておきの話術を教えましょう。

 

「持っているカッターシャツが少なくて、洗濯物は乾かないと困るんですよ」

 

こういうと、「私はあなたといろいろお話をしたいです」という思いを伝えることにもなって、相手も話しやすくなります。

 

それに、あなたが持ち出した、「持っているカッターシャツが少ない」「洗濯物が乾かない」という2つの題材を使えば、相手も話の材料が増えるため、話しやすくなるのは分かるでしょう。

 

これで相手から、「まだ会社に入ったばかりだから、着るものにどうしても不自由しますね」

 

「うちの部屋も、今洗濯物でいっぱいですよ。困りますね、雨が多いと」などと話してくれるでしょう。

 

なかには、「持っているカッターシャツが少ないなどと言ったら、どんな風に思われるか分からなくて不安」と感じる方もいるかもしれません。

 

でも、そこまで心配する必要はありません。

 

他人は自分に迷惑のかからないことであれば、いたっておおらかなものです。

 

むしろ、気持ちをさらけだしてくれたことに好感を持ってくれるでしょう。

「Re:」タイトルは手抜きの印象。

気がつけば「Re:Re:Re:Re:Re:・・・・・」手抜きメールになっていませんか?

 

相手が読みたくなるタイトルをつけましょう!

 

メールのやり取りしていると、返信するときに自動的に、タイトル部分に「Re:」という文字がつきますよね。

 

やりとりが続けば続くほど、「Re:Re:Re:Re:Re:・・・・・」と、自動的にどんどん増えていきます。

 

この「Re:」を、プライベートなメールだから許される、と思い、そのまま放置していませんか?

 

あなたのメール送信相手は、人気者で、メールをいちいちたくさん受信しているとします。

 

メールのタイトル部分は1番最初に目につく場所です。

 

いわば、電車のつり革の広告や雑誌の見出し部分と同じですね。

 

魅力的な見出しがついていれば、読みたいと前のめりになるもの。

 

雑誌を買いに行くきっかけになります。

 

つまり、メールのタイトル部分を工夫することで、たくさん並んだ受信メールの中で、輝いて見えるというわけなのです。