読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際航空の猫。

ミャンマー空港のビルの送迎デッキで歓声をあげながら手を振っているのだ。

 

あたし帰ると妻が飛行機の中に戻ろうとした。

 

まぁまぁ、とにかく降りて。

 

後ろの人がつかえるといけないから、俺はそう言って、無理矢理妻を1回転させタラップに押し出した。

 

妻は帰ると言ったら帰るのである。

 

飛行機をハイジャックしてでも帰る人間なのだ。

 

そんな事を目の前でされてはたまったものでは無い。

 

俺たちはタラップの下に待機していたバスに乗り込む。

 

しかしほとんどの乗客は荷物を両手にぶら下げて、滑走路の上を空港ビルへと歩いていく。

 

その脇をすり抜けるようにして、俺と妻を乗せたバスが薄暗い2f建ての空港ビルへとひた走る。

 

膀胱の病気の予防法。

膀胱の異常をいち早く知る手がかりは尿の色と痛みです。

 

透明で黄色みのある尿と比べて赤みやにごりはないか、痛みはないかなど、毎日の排尿時に観察しましょう。

 

 

暖かい環境下で過ごす。

尿失禁を招く過活動膀胱は、冷たいものに触ったり、寒いところに行ったりすることで起こることがあるため、暖かな環境下で過ごすようにしましょう。

 

 

早め早めにトイレに行く。

切迫性尿失禁は、トイレに行きたいと思った時には間に合わないので、早めに行くようにする。

外出時には、トイレの場所を確認しておきましょう。

 

 

トイレの環境を整える。

高齢者の場合、夜間頻尿に備えて、トイレに近い場所で休ませたり、ポータブルトイレを用意しておきましょう。

 

 

骨盤底筋体操を心がける。

骨盤底筋体操によって骨盤底筋を鍛えることで、尿道周りの締まりをよくする。

脂肪肝が招く怖い病気。

脂肪肝は、糖尿病、脂質異常症、高血圧、動脈硬化のリスクを高めます。

 

逆に、こういった病気は脂肪肝をもたらすこともあるなど、お互いに深い関係にあります。

 

また、脂肪肝を放置していると、脂肪肝から肝炎を経て肝硬変になることもあります。

 

さらに、ウイルス肝炎を合併していると肝硬変から肝細胞癌になりやすいので、注意が必要です。

 

 

下記の項目をチェック!

 

・食事の味付けは濃い方が好きである。

 

・肉が好きでよく食べる。

 

・お酒はよく飲む方である。

 

・夜遅い時間や就寝前に食事をすることが多い。

 

・タバコを吸う。

 

・肥満気味である。

 

・運動はあまりしない。

 

・不規則な日常生活をしている。

 

・ストレスが溜まりやすい。

 

・疲れやすく、全身に倦怠感を感じている。

 

・健康診断などで、高血圧と言われた。

 

・健康診断等でコレステロール値が高いと言われた。

 

・糖尿病予備軍である。すでに糖尿病患っている。

 

・過激なダイエットしたことがある。

 

0~2個は、脂肪肝の疑いは低いものの、油断は禁物です。

 

3~6個は、脂肪肝予備軍の疑いがあります。該当項目の改善をしましょう。

 

7個以上は、脂肪肝の疑いが濃厚です。専門医の指導を受けましょう。

糖尿病が引き起こす怖い病気。

糖尿病には3大合併症と呼ばれる代表的な病気があります。

 

正しい治療心がけましょう。

 

 

※糖尿病性網膜症

 

目の網膜の毛細血管に障害が起こり、視力が弱まる病気です。

 

日本では中途失明患者の原因の第1位となっています。

 

白内障緑内障が現れることもあるので、注意が必要です。

 

 

※糖尿病性腎症。

 

腎臓でろ過機能を担う糸球体の働きが低下し、タンパク質が尿に多量に放出されるようになる病気です。

 

最初は無症状ですが、病気が進行すると、むくみや腹水、食欲不振などが現れるようになります。

 

重症になると、頻繁に通院して人工透析等を行う必要があるため、日常生活に大きな支障を及ぼしてしまいます。

 

 

※糖尿病性神経障害。

 

全身の末梢神経や、心臓や血圧などを調整する自律神経などに障害が生じる病気です。

 

合併症の中では比較的初期のうちからみられます。

 

末梢神経障害が出ると、手足のしびれが出たり、痛みに鈍くなったりするなどの症状が現れ、自律神経に障害が出ると、下痢や便秘、立ちくらみ、勃起不全などが現れるようになります。

今は、カニ漁で一攫千金。

「借金のカタにマグロ漁船に乗せられた」「大金を稼ぎたいのでマグロ漁船に乗った」という都市伝説は、完全に過去のものになっている。

 

というのも、かつては半年から1年、マグロ漁船に乗って漁に出れば、一千万円近くの金を手にすることができたらしいが、今ではベテランの漁師でも月収にして30万円から40万円だという。

 

平均的なサラリーマンの収入と同じくらいとあっては、とても一攫千金を狙える仕事とはいえない。

 

そもそもマグロ漁船自体が減っていて、それに加えて外国人労働者が増えているというのだから。

 

そこでカニ漁の登場。

 

アラスカ沖のベーリング海を漁場とするタラバガニ、ズワイガニ漁では、大漁なら2ヶ月で1人の領地で一千万円から一千五百万円の稼ぎになるという。

 

YouTubeで、このカニ漁の壮絶なドキュメンタリー映像を見ることができる。

 

もっとも、これはあくまでも外国でのお話。

 

日本のカニ漁となると、グットスケールが小さくなる。

 

オホーツク海や日本海、北方四島周辺での漁が現実的な話で、漁師として生計を立てている人たちの月収は、マグロ漁の漁師とほぼ同じか少しいいくらいで、サラリーマンと大差はない。

 

というわけで、カニ漁でも一攫千金は難しい!

相手をほめて人間関係を円滑に。

子供はほめて育てると言いますが、大人も同じことです。

 

誰でも褒められて悪い気はしないし、その後の人間関係もうまくいくようになります。

 

例えば、職場の人となら仕事の場ばかりでなくプライベートな場でも効果的です。

 

アフターファイブでお酒を飲みに行ったり、休日ゴルフに行ったりした時などに、ここぞとばかりにほめてみましょう。

 

お酒の席が苦手で、アフターファイブの誘いもあまり気が進まないという人でも、ときには誘われる前に「ご一緒してもいいですか?」と先手を打つのも有効です。

 

いつも断って付き合いの悪い奴という印象も薄れますし、その後、普段話さない人がいきなり褒めればより好印象を与えるはずです。

お茶を出してから本題に入る。

客間では、お客様に上座をおすすめします。

座る前にお客様から、正式な挨拶があれば、その場で受けてから上座に誘導します。

そこで手土産を頂いた場合は、「ご丁寧にありがとうございます」とお礼を言い、受け取ります。

また、お客様から「ご一緒に」などと申し出があれば、頂いた品をお茶と一緒に出しますが、申し出のない場合は用意しておいたお茶とお菓子を出します。

本題に入るのは、お茶を進めてからにします。

それまでは世間話などをしてお茶が運ばれるのを待ち、話題はなるべく家人の方から出すようにします。

訪問が依頼などの要件の場合は、切り出しやすいように誘導するなどの気配りも必要です。

また、会社の場合は、お茶が出た頃を見計らって、応接室に入ります。

時間が制約されている場合は、訪問者に面会時間をはっきり伝えます。