読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際航空の猫。

ミャンマー空港のビルの送迎デッキで歓声をあげながら手を振っているのだ。

 

あたし帰ると妻が飛行機の中に戻ろうとした。

 

まぁまぁ、とにかく降りて。

 

後ろの人がつかえるといけないから、俺はそう言って、無理矢理妻を1回転させタラップに押し出した。

 

妻は帰ると言ったら帰るのである。

 

飛行機をハイジャックしてでも帰る人間なのだ。

 

そんな事を目の前でされてはたまったものでは無い。

 

俺たちはタラップの下に待機していたバスに乗り込む。

 

しかしほとんどの乗客は荷物を両手にぶら下げて、滑走路の上を空港ビルへと歩いていく。

 

その脇をすり抜けるようにして、俺と妻を乗せたバスが薄暗い2f建ての空港ビルへとひた走る。