読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Re:」タイトルは手抜きの印象。

気がつけば「Re:Re:Re:Re:Re:・・・・・」手抜きメールになっていませんか?

 

相手が読みたくなるタイトルをつけましょう!

 

メールのやり取りしていると、返信するときに自動的に、タイトル部分に「Re:」という文字がつきますよね。

 

やりとりが続けば続くほど、「Re:Re:Re:Re:Re:・・・・・」と、自動的にどんどん増えていきます。

 

この「Re:」を、プライベートなメールだから許される、と思い、そのまま放置していませんか?

 

あなたのメール送信相手は、人気者で、メールをいちいちたくさん受信しているとします。

 

メールのタイトル部分は1番最初に目につく場所です。

 

いわば、電車のつり革の広告や雑誌の見出し部分と同じですね。

 

魅力的な見出しがついていれば、読みたいと前のめりになるもの。

 

雑誌を買いに行くきっかけになります。

 

つまり、メールのタイトル部分を工夫することで、たくさん並んだ受信メールの中で、輝いて見えるというわけなのです。