読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一瞬で距離を縮める言葉とは?

きっちりした言葉遣いが求められるビジネスシーンと違って、プライベートや仲間内の場面ではちょっとフランクなご機嫌伺いは何かと便利で、使い勝手が良かったりするもの。

その代表格が「最近どう?」あるいは「どう?」ではないでしょうか。

本来なら「最近、調子はどうですか?」というような短いクエスチョンを、さらに省略した形でライト感覚にした今風のワード。

最近、これを口癖にする人が増えています。

調子の良いメンバーや凹んでいる仲間はもちろん、異性の同僚や後輩・知人、久しぶりに会った友人まで幅広く使え、誰とでも一瞬でそれまでの距離を縮められるのが魅力。

つまり、近況を知りたい相手とのコミュニケーションをはかれる、きっかけフレーズともいえます。

例えば、学生時代の友人と久しぶりに会って「最近どう?」と問いかけます。

すると、相手は「どうって何が?」となり、「久しぶり、元気だった?」という挨拶もそこそこに、「ちょっと聞いてよー」と、すぐに会話が始まるでしょう。

小石のような小さな質問ながら、明るく楽しい雰囲気で投げかけると、これをきっかけに、相手は今一番話したいテーマを引き出すことができます。

言うなれば、プラス思考で相手の出方をうかがう枕詞、「さぁ、話を聞かせて」と相手に水を向ける言葉でもあるのです。