読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職人肌の部下の扱い方

どこの職場にも、その仕事をやらせたら社内で右に出る者はいないなどという、得意技術を持つ職人肌の部下がいるものだ。

こうした人は滅多にミスしたりしないものだが、たまたまミスを犯し、どうしてもこの職人肌の部下を叱られければならないときは、叱り方はなかなか難しいものである。

特に、上司の皮が部下よりも年齢的に若い場合などは、言い出しづらく、そのまま見逃してしまうことにもなりかねない。

しかし、職人タイプだからといって、ここで叱らないのでは、他の部下に対して示しがつかなくなる恐れがある。

こうした職人タイプの部下は、仕事に対して自信とプライドを持ち、上司よりも、一面では優れているという自覚があるだけに、怒鳴るのは逆効果であり、反発も大きくなる。

ここでは、理性的に叱り、情にも通じるという落差を演出して、相手の心を開かせるというやり方が一番と言えないだろうか。